カスタマージャーニーとは?概念とマップの作り方をわかりやすく解説

ブログ

Blog
  1. ホームページ制作・運営はアウラ:ホーム
  2. ブログ
  3. カスタマージャーニーとは?概念とマップの作り方をわかりやすく解説

カスタマージャーニーとは?概念とマップの作り方をわかりやすく解説

カスタマージャーニーとは?概念とマップの作り方をわかりやすく解説

自社の商品・サービスの売上向上を目指すなら、顧客を深く理解する「カスタマージャーニー」の知識は必要不可欠になります。

カスタマージャーニーとは、顧客がブランドや商品・サービスと初めて接触してから再購入に至るまでの全体的な経験を「旅」と見立てた概念のことです。

本記事では、カスタマージャーニーの概念からその活用方法までをわかりやすく解説します。顧客の「旅」を理解し、それらに基づいたWeb運用を展開していきましょう。

カスタマージャーニーとは

顧客のニーズに基づいたWeb運用やサービスの改善に役立つ、カスタマージャーニー。カスタマージャーニーをわかりやすく理解するために、以下の2つについて解説します。

  • カスタマージャーニーの定義と概要
  • カスタマージャーニーの重要性とメリット

カスタマージャーニーの定義と概要

カスタマージャーニーとは、顧客が商品やサービスを知る段階から購買、利用、サポート、ロイヤルティ形成までの全体的な経験を指します。

顧客の視点や感情・行動を理解し、その経験を詳しくマップ化することで、企業は顧客のニーズを把握でき、より良い顧客体験を提供できます。顧客の期待に応えるためには、顧客の全体像を把握し、それに合わせたアプローチを取ることが重要です。

カスタマージャーニーの重要性とメリット

カスタマージャーニーを理解することで、顧客のニーズや要求を把握し、より効果的なWeb運用をおこなえます。カスタマージャーニーの重要性とメリットとして以下の3つをまとめました。

顧客理解 カスタマージャーニーを通じて、顧客の行動、感情、動機などを深く理解できる。
体験の最適化 顧客が経験する問題点や障害を特定し、それを改善することで、より良い製品やサービスを提供できる。
顧客ロイヤルティの向上 良好な体験は顧客のロイヤルティを高め、リピートや口コミを通じた新規顧客獲得を促進する。

カスタマージャーニーを活用することで、満足度や忠誠心を向上させ、長期的な顧客関係の構築につなげられます。

カスタマージャーニーの作成手順

実際に、カスタマージャーニーを作成する際にポイントとなる、以下の2つについて解説します。

  • カスタマージャーニーの調査とデータ収集
  • カスタマージャーニーマップの作成と可視化

カスタマージャーニーの調査とデータ収集

カスタマージャーニー作成の第一歩は、調査とデータ収集です。お客様が商品やサービスに接触する各接点(Webサイト、SNS、店舗など)を洗い出し、ユーザー体験を詳細に記録します。また、アンケートやWeb解析データなどを活用し、顧客の行動パターンやニーズをWeb運用に役立てましょう。

収集したデータからユーザーの行動パターン、感情の変動、問題点などを抽出し、カスタマージャーニーの基礎を築きます。これは顧客満足度を高めるための重要なステップです。

カスタマージャーニーマップの作成と可視化

カスタマージャーニーマップの作成と可視化は、データ収集後の重要なフェーズであり、ここでの目的は、顧客の経験を明確に表現することです。収集したデータをもとに、購入前から購入後までの全ステージを通じた顧客の動きや感情をマップ化します。

マップには、以下の

  • 接触ポイント
  • 行動
  • 感情
  • 問題点

などが含まれ、それらを可視化することでわかりやすく情報を伝えられます。マップを通じて、組織全体で顧客の体験を理解し、改善点を特定することも可能です。

カスタマージャーニーマップ作成時の注意点

カスタマージャーニーマップを作成する際に意識するポイントとして、以下の3つについて解説します。

  • 顧客視点の重視
  • データに基づく作成
  • マップの更新と改善

顧客視点の重視

カスタマージャーニーマップはあくまで顧客の視点から描かれるべきものです。自社の業務プロセスや組織構造に囚われず、顧客の視点に焦点を合わせることが重要となります。

データに基づく作成

想像や推測ではなく、具体的なデータに基づいてカスタマージャーニーマップを作りましょう。そのためには、顧客インタビューやアンケート結果、Web解析データなどから得られる情報が必要です。

正確なデータに基づくことで、より実態に即したカスタマージャーニーマップが作成でき、より有効なWeb運用につながります。

マップの更新と改善

カスタマージャーニーマップは、一度作成したからといって完了ではありません。市場の環境や顧客のニーズは日々変化するため、定期的に見直し更新することが重要です。

それにより、最新の顧客体験を反映させた戦略を企画し、組織全体で顧客の体験改善に向けた取り組みを進められます。この更新と改善のプロセスが、持続的な顧客満足度向上につながっていくのです。

まとめ

カスタマージャーニーは、マーケティング戦略を効果的に立て、顧客満足度を高め、コンバージョンを向上させるための重要な手法です。

特に現代のインターネット社会では、カスタマージャーニーの理解と活用は不可欠であり、それによりユーザーエクスペリエンスの改善やWeb運用の最適化が可能となります。

弊社、株式会社アウラでは、顧客の行動パターンを把握し、それらに基づいた改善を行うことで、Webサイト訪問から購入・リピートまでのプロセスをスムーズにします。集客や売上にお悩みの方はお気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせはこちら:06-6292-8577。受付時間は平日9:30~18:30 インターネットからは24時間受付中!お問い合わせフォームはこちら