Photoshopで簡単にカッコよく!写真をイラスト風に加工する方法

ブログ

Blog
  1. ホームページ制作・運営はアウラ:ホーム
  2. ブログ
  3. Photoshopで簡単にカッコよく!写真をイラスト風に加工する方法

Photoshopで簡単にカッコよく!写真をイラスト風に加工する方法

Photoshopで簡単にカッコよく!写真をイラスト風に加工する方法

こんにちは、中道です。
今回はPhotoshopを使用して、写真を短時間でカッコよくイラスト化させる方法をご紹介します。

良い感じのカッコよくておしゃれなイラストを使いたいけど、描くのはもちろん探すのに時間がかかりますよね、、、。そんなに手間もかけていられないので、いっそ写真をイラストにしよう!と思い挑戦してみました。
最近は加工アプリでもいい感じにイラスト風にできるので試してみたのですが、なんかイメージしてたのと違う!と思い、自分なりにPhotoshopで試行錯誤しながら作成してみたら意外と簡単に加工ができたので、その手順をご紹介していきます。

準備するもの

・イラストにしたい写真(今回はAdobe Stockから調達した通天閣の写真)
・水彩風の空のイラスト(水彩でなくてもいいです)


準備が整ったら、早速ですが加工していきましょう。

イラストらしさを際立たせるためのラインを作成

写真になくて、イラストにあるものといえばアウトラインですよね。このラインがあることでグッとイラスト感が増します。ということでまずはアウトラインを作成します。

①レイヤーで画像を複製します。
②[フィルター]→[ぼかし]→[ぼかし(詳細)]で[エッジのみ]を選択するとアウトラインができます。

③現在のままだと線が白いので、[イメージ]→[色調補正]→[階調の反転]で線を黒くします。

④ここからは好みですが、アウトラインの色を[選択範囲]→[色域指定]で選択し、好きな色を選択して[編集]→[塗りつぶし]でアウトラインの色を変えます。今回は爽やかに青にしてみました。

⑤[フィルター]→[ぼかし]→[ぼかし(詳細)]でアウトランをぼかして、現在のレイヤーをレイヤーボックスで[乗算]します。

大げさな色使いでキレイにする

このままだとせっかくのアウトラインが分かりづらいのと、まだまだ現実味あふれるただの写真なので、美しい嘘の世界観を作り上げるため、色を大げさにキレイに仕上げていきます。

①[イメージ]→[色調補正]→[レベル補正]で明るく、[イメージ]→[色調補正]→[色相・彩度]でコントラストを上げて、大げさにレタッチします。

※好みで[イメージ]→[色調補正]→[カラーバランス]でカラーバランスを整えてみるのも良いです。(今回は爽やかさを際立たせるため、少し青みにしました。)

②色だけでなく描いた感じのタッチも加えるため、[フィルター]→[フィルターギャラリー]の中の[ドライブラシ]で描画感をプラスします。


少しイラストらしくなってきました。

ここが重要!空をイラストに入れ替える

空部分をイラストに入れ変えてしまうことで、全体的にイラストに見えてきます。むしろこの作業のみでもイラスト化できる、、、?と思えるほど変化します。
そしてPhotoshopではその作業がいとも簡単に行うことができます。すごいですよね。

①[編集]→[空を置き換え]で事前に準備しておいた水彩風イラストを読み込みます。

以上です。早すぎました。


そして最後に明るさや彩度を調整して完成です。

まとめ


比べてみると結構違いますね。
この方法を応用してもっと様々な場面で使えるものが作れるかもしれないので、もう少し勉強してみようと思います。

画像作成でも、Web制作でも自分が納得できるものを作ることが大事だと思います。
どのようにすることが一番最善な方法なのかを考えながら、これからも色々なことに挑戦していきます!

前後の記事

お電話でのお問い合わせはこちら:06-6292-8577。受付時間は平日9:30~18:30 インターネットからは24時間受付中!お問い合わせフォームはこちら