デザインに関わる人全員に読んで欲しい本を5選紹介!

ブログ

Blog
  1. ホームページ制作・運営はアウラ:ホーム
  2. ブログ
  3. デザインに関わる人全員に読んで欲しい本を5選紹介!

デザインに関わる人全員に読んで欲しい本を5選紹介!

デザインに関わる人全員に読んで欲しい本を5選紹介!

最近、本は読んでいますか?

本は自分が経験できないことを、代わりにやってくれた人が、体験談をまとめて教えてくれたりします。
その人が一生かけて知り得た知識をたった数千円で、かつ2、3時間で読み終え知識として吸収できてしまうんです。
本の著者の方々には本当に頭が上がりませんね。

さて、今回は様々な本がある中で特に、デザインに絞ったオススメの本を5選紹介いたします。
厳選したのでどれも魅力的なものばかりです。ぜひお気に入りの本を見つけていただければ嬉しいです。

勝てるデザイン


https://www.amazon.co.jp/dp/434403693X/
人気クリエイティブ集団を率いる元・任天堂デザイナー 前田高志さんがデザイナー初心者に向けて思考と技術を公開されている本です。
デザイナー初学者が学ぶべきポイントが的確に述べられているのはもちろんですが、
「プレゼンはラブレター」など、がちがちのデザイナーではなくても読んでいてとても面白いことがたくさん書かれています。

コンセプトのつくりかた


https://www.amazon.co.jp/dp/B00EE12UYU/
この著者も元・任天堂ですが、(回し者ではございません。)
世界販売台数9500万台を売り上げ、世界で3億人が夢中になった「任天堂Wii」の初期のコンセプトワークから携わり、「Wiiのプレゼンを最も数多くした男」と呼ばれる玉樹真一郎さんがコンセプトのつくりかたについて解説した本です。
起業したい人、サービスを作りたい人、上司から「何か良い案ない?」と頼まれた人、いろんな人が0からものを生み出す際に必ず必要となる「コンセプト」のつくりかたです。
実際にWiiがどのようにして生まれたのかが分かって面白いですし、とても易しい言葉遣いで丁寧に分かりやすく解説されています。
読み物としてもとても面白いので、オススメの1冊です。

トレース&模写で学ぶ デザインのドリル


https://www.amazon.co.jp/dp/4802612575/
こちらはデザインの質が上がった勉強本の一つです。
まずトレースとは、一つ見本の画像を選び、その画像を「下絵」として配置し、その上に全く同じような素材や文字を配置することを言います。
参考:トレース&模写で学ぶ デザインのドリル

デザインの勉強をするときに初めにその「トレース」を行うことが多いのですが、毎回自分で画像を選ぶのが意外と手間なのでその手間が省けてスイスイ勉強できるのがとても良いです。
また、気をつけるべき点なども教えてくれるので、独学でトレースをするより格段にデザインの質がレベルアップします。

配色アイデア手帖 めくって見つける新しいデザインの本[完全保存版]


https://www.amazon.co.jp/dp/4797393246/
個人的にとても好きなテイストが詰まったデザイン本です。
私はこれをパラパラと見ているだけで癒されます。
勉強するとなるとどうしても億劫になるので、自分の好きな本を見つけて楽しむのも一つの手かもしれません。

イメージをパッと形に変えるデザイン大全


https://www.amazon.co.jp/dp/4815603162/
「ロマンチックな」や、「整然とした」など直感で分かりやすいジャンル別に分かれてデザインが紹介されています。こちらも見ているだけでも勉強になるのですが、どうやったら「ロマンチックな」デザインにできるのかなどのポイントも分かりやすく説明されており、デザインに行き詰まった時などに見るのがオススメです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
この他にもまだまだ沢山のオススメの本がありますが、今回は厳選した5選をご紹介いたしました。
お気に入りの本を見つけていただけると幸いです。
そしてこれからもどんどん情報は更新されていくものだと思いますので、
引き続き買い漁っていきたいと思います。

お電話でのお問い合わせはこちら:06-6292-8577。受付時間は平日9:30~18:30 インターネットからは24時間受付中!お問い合わせフォームはこちら