CCライブラリのバックアップと管理・そしてバナナ

ブログ

Blog
  1. ホームページ制作・運営はアウラ:ホーム
  2. ブログ
  3. CCライブラリのバックアップと管理・そしてバナナ

CCライブラリのバックアップと管理・そしてバナナ

CCライブラリのバックアップと管理・そしてバナナ

こんにちは。
寒さもかなりやわらぎ、桜も咲きはじめてまいりましたね。
お花見も良いですが、散歩に来る犬を見るのが楽しみだったりします。
花よりわんこ。

さて、わんこもにゃんこもPhotoshopも大好きなのですが、
実は昨年にあったAdobeのアップデートで、こんな便利になってたヨー!
Bridge CCも便利だったヨー!というのを
すごく遅くなりましたが、書きたいと思います。
あと、おまけでツールアイコンをバナナにしますね。

ADOBE CREATIVE CLOUDライブラリの着地点が見えたゾ

Adobe製品を使う方には、もうかなり浸透しつつあるCCライブラリ
かくいう私も、最近は使わないと不便だなと感じるようになったほどです。

ただ、割と機能リリースから今まで、不具合だとか、重いとか、諸々の気になる点があった事も確か。
なにより、ライブラリのバックアップが出来ないという事、
増え続けるライブラリによる読み込みの遅さのため
「ムムム…」「Adobe CCライブラリの目指す所がいまいち分からん…」と感じておりました。

ところが、CCライブラリ、もうバックアップできるのですよ!みなさん!(誰)

やっとCCライブラリ着地点が見えた気がします。

以下の方法でどうぞー!

ライブラリをバックアップします

Adobe CCライブラリのメニュー選択

普通に開きます。
そして、右上の3本線メニューから「(ライブラリ名)を書き出す」を選びます。

Adobe CCライブラリの書き出しメニュー

書き出す場所を選択します

Adobe CCライブラリの書き出し場所選択

任意の場所を選択し、保存します。
カラーや文字スタイル、グラフィックももちろん一緒に「.cclibs」という拡張子のパッケージとなって保存されます。

ちゃんと読み込めるのォー?

Adobe CCライブラリの読み込み

もちろん読み込みも簡単!
先ほど開いた右上の3本線メニューから「ライブラリを読み込み」を選択すると、読み込まれます。

ちなみに今までは、IllustratorやPhotoshopで開かなければライブラリを見る事ができなかったのですが、
Bridge CCを開く事で素早く開く事ができます。
何より圧倒的に起動が早い…!

Bridge CCでCCライブラリを読み込み
さらに、Bridge CCでは、画像、動画、音声などあらゆるメディアを一覧でプレビュー・管理ができますので、それらとCCライブラリを同列に並べて見る事ができます。

そして、直接CCライブラリに追加する事も可能です。

ライブラリを削除してみたら

「.cclibs」というパッケージがローカルに保存されているわけなのですが、
この状態で、CCライブラリから削除してみたら?
と思い、やってみました。

アプリケーションで、ライブラリから削除してもパッケージは消えません。
そしてもちろんですが、また読み込むこともできます。
アプリケーションの軽量化ができそうですね。

制作をする者にとって、データは財産です。
お客さまからお預かりしたものも、より安全に、また後日使用する時もすぐに探し出せることが重要です。

ADOBE CREATIVE CLOUDライブラリが、望んでいた機能を実装してくれてとても嬉しいです。
これをうまく使えば、そして今より通信がもっと早くなれば、快適に素早く制作も進むことでしょう。
それを目指してAdobeはライブラリを導入したのですね。きっと。(知らんけど)

おまけ:ほっとした所でアイコンをバナナに

バナナに変わったツールアイコン
さて、ちょっと箸休め。

・Photoshopにて、メニューバーの 編集 > ツールバー を選択
・「ツールバーをカスタマイズ」が表示されたら、shiftキーを押しながら「完了」ボタンをクリック

はい、どこかがバナナになりましたね。
仕事中にバナナが食べたくなったら、これを見て和んでくださいね。
機能はバナナになりませんので、ご安心を。

すみません。これ、やったけど、戻し方がわかりません。(←おい)
(ツールバーをリセットしたらいけると思います)

前後の記事

お電話でのお問い合わせはこちら:06-6292-8577。受付時間は平日9:30~18:30 インターネットからは24時間受付中!お問い合わせフォームはこちら