【アウラの取り組み】1on1

ブログ

Blog
  1. ホームページ制作・運営はアウラ:ホーム
  2. ブログ
  3. 【アウラの取り組み】1on1

【アウラの取り組み】1on1

【アウラの取り組み】1on1

こんにちは広報部です。
アウラでは教育体制のひとつとして1on1ミーティングを取り入れています。
今回は1on1は何の為におこなっているのか?そして私が実際体験して感じた事を書こうと思います。

1on1とはどのような目的・効果があるのか

1on1とは、メンターとメンティが1対1で対話をする場のことです。
多くの場合がメンターが上司・マネージャー、メンティが部下です。

目的としては、個人のパフォーマンスを上げる場です。
メンティの、最近の業務についての成功や失敗、気になっていること、悩み、チャレンジしていることなどをメンターが話を聞き、深く質問したり、必要なら教えたり、サポートしたりする流れになります。

効果としては、
メンティ:こまめに相談することができる。業務の改善につながる。自ら反省することができる。コミュニケーションが円滑になる

メンター:組織やビジョンなどに対する理解度を確認できる。困っていることをキャッチアップできる。コミュニケーションが円滑になる。

基本的には「話をする側」がメンティ、メンターはサポートする役になります。

1on1での内容

ここからは私が実際1on1を体験して感じたことです。
強く印象に残っている1on1では「敬意を表す」ということについて話し合いました。
意味としては、相手を尊敬している気持ちを表すこと。心のなかで思っているだけではなく、相手に伝わるよう何かしらの行動をすることです。
そして敬意を表すのは社会人としてではなく、人間として必要なことであり、目上の人だけに行う行為ではないということです。

言葉の意味はわかりますが、尊敬している気持ちを相手に伝えるのは難しく感じました。
しかし、1on1を通し考えることで行動に移せることはいくつも見つかりました。
例えばマナーを学び言葉遣いに気をつけ、尊敬語、謙譲語、丁寧語の使い方により相手を敬っていることが伝わることや、挨拶ひとつにしてもどのようにするかで相手からの見られ方は変わってきます。時と場合にもよりますが、通りすがりに小さな声でさらっと挨拶されるより、目を見て元気に挨拶された方が気持ちがいいですよね。

自分が起こすひとつひとつの行動で「敬意を表す」事ができるのではないでしょうか。

また相手を尊敬するには、自尊心を身につけることが大切だそうです。
自尊心が足りないと、自分のねうちを保つために相手の価値を下げなければいけない、という誤った考えを持ってしまいます。自尊心が足りていれば、「私は素晴らしい、あなたも素晴らしい」という考えを持つことができます。
この1on1だけでも課題がまた沢山見つかりました。また課題はあげるだけでなく、原因は何なのか、どう解決していくのかをしっかり考えることが重要です。

私は普段気持ちの部分など問題の原因を深く考えられていなかったので、とても貴重な時間だと感じてます。
まだまだ私の考えることは浅く狭いですが、考えることを意識し、想像力や考える力をもっと伸ばして社会人としてはもちろん一人の人間として成長していきたいと思ってます。

アウラではただ作業を進めるだけではなく、お客さまを第一に考え、思いやりをもって行動できる社員の教育をしています。
私もお客さまに喜んでいただけるよう日々精進して参ります。

前後の記事

お電話でのお問い合わせはこちら:06-6292-8577。受付時間は平日9:30~18:30 インターネットからは24時間受付中!お問い合わせフォームはこちら