我が家にもGoogle Home Miniがやってきた!人見知りとスマートスピーカーの暮らし。

ブログ

Blog
  1. ホームページ制作・運営はアウラ:ホーム
  2. ブログ
  3. 我が家にもGoogle Home Miniがやってきた!人見知りとスマートスピーカーの暮らし。

我が家にもGoogle Home Miniがやってきた!人見知りとスマートスピーカーの暮らし。

我が家にもGoogle Home Miniがやってきた!人見知りとスマートスピーカーの暮らし。

こんにちは。アウラの何でも屋の横山です。
今日はついに我が家にもやってきたGoogle Home Miniとの生活をチラッとご紹介します。
といってもすんごい使い方とかは知りません!
人見知りの私がスマートスピーカーと暮らせるのか?というだけの話です(笑)

アウラにはロボマニア?がいまして(もちろんあのミヤケですがw)、
彼女がスマートスピーカーとの暮らしを始めてから密かに?その生活に憧れていました。
でも何となく”人間じゃないものと会話する”ことに抵抗があり、
ずるずると時間は過ぎていきました。

ミヤケのスマートスピーカーとの生活は下記のブログから覗けます。
★便利!Google HomeとIFTTTでLINEにお買い物メモができた~
https://www.aura-office.co.jp/blog/howto_googlehome/
★Alexaはスキルの本を片手にがんばる委員長という説(主観)
https://www.aura-office.co.jp/blog/howto_alexa/

Google Homeとの出会いはある日突然に。

ある日、大好きなヨド〇シカメラにショッピングに行きまして、いつも「眺める→触りまくる→悩む→帰る」の私が、珍しくお買い物をしました。
で、レジに行こうとしたとき店員さんに
「今なら〇〇円以上お買物された方にGoogle Home Miniを1000円で販売しております!」と言われ、
「ん??せ、千円だと?買い物金額はクリアしているぞ!どーしよーーーーーー(迷)」となりまして、
「ま、まあ千円ならGoogle Homeちゃんとの生活がうまくいかなかったとしても諦めがつくか!」ってことで即購入。
そんなこんなで我が家にGoogle Homeちゃんがきて約2週間が経ちました。

Google Home熱が冷めないうちにいろいろやらなきゃ!

実は私、人と話すのが苦手です。
RPGゲームも会話が嫌で極力読みませんし、村人とかにもできるだけ話しかけません。
だからヒントも分からなくて攻略本とか見てササっとすすみ、ボス戦はビビッてできないので人にやってもらい、RPGの醍醐味全くなしです。
でもRPGが好きな気持ちと会話したくない気持ちの葛藤の中、ゲームをしている状態です(笑)

もちろんiPhoneのSiriもOFF。
そんな私が、Google Homeに話しかける確率は非常に低く、何かないと絶対活用できないと分かっていました。

まずは3つのアプリをインストールしました。


私が活用するもの??
やっぱりスマートスピーカーと言えば、家電リモコンとの連携ですね。
活用すればきっと生活が変化する(少し横着ダメ人間になる)
何といってもGoogle Homeちゃんに話しかける練習になる(笑)
というわけで、早速スマート家電コントローラーを購入しました。
こちらなんと7000円超え!Google Homeちゃんより高いんですけど・・・。

ちょっと納得いかない感じを覚えつつも、こうなったら意地でも活用してやるよ!とまずは3つのアプリをインストールしました。

うわさのセリフ?「OK Google」


家電リモコンの設定が済んだらいよいよ例のセリフです。
OK Google!
Google Home購入前の私
★(ある日の仕事帰り)買い物して重い荷物を持って玄関明けると真っ暗。荷物置いて電気つけてまた荷物持って・・・。はぁしんどい。
★(ある日の夜)ちょっと寝苦しいなぁ。エアコンは寒いし扇風機にするか・・・。いや、また布団から出るのやだな。諦めよう。。。
★(ある日の朝)あぁ、眠い。電気電気っと。テレビつけて。あ、今日撮影だけど天気だいじょうぶかなぁ。あ、顔洗ってる間に天気予報終わってモータ。スマホスマホ。

Google Home購入後の私
横山:「OK Google ただいま」
Google Home:「おかえりなさい。」「照明をつけました。」「テレビをつけました。」

横山:「OK Google 扇風機つけて」
Google Home:「扇風機をつけました。」

横山:「OK Google おはよう」
Google Home:「おはようございます。」「照明をつけました。」「テレビをつけました。」「今日の大阪市の天気は・・・」

こんな感じです。
更に成長し、怠けることと無駄にリラックスすることを覚えた私は、
「フランツ・リストの曲かけて」「フジコ・ヘミングかけて」と大好きなクラシックなんかを優雅に聴いたりしています。
もちろん自分のiPhoneに入れている曲を聴くBluetoothスピーカーとしてもGoogle Homeを使っています。

ベタですがいろんな質問もしてみました。

買ったからにはどれくらいのことが答えられるのか知りたくなりますよね?そこでいろんな質問をしてみました。(うろ覚え)
※「OK Google」は省きます。

ヨコ:「あなたのお誕生日は?」
Go:「2016年ですがエンジニアによって毎日更新されていますので、毎日がお誕生日と言っていもいいかもしれません。」

ヨコ(ちょっと意地悪なこと聞いてやろ):「あなたとAlexaだとどっちが賢いの?」
Go:「私はAlexaのブルーのLEDがきれいで好きです。」
・・・空気をよみ、決して他者をdisらない回答。見習おう。

ヨコ:「玉出」ってどこ
Go:「スーパー玉出はここから6キロメートル内に〇〇件あります。」
ヨコ:(心の声):「その玉出ちゃうねんけど・・地名の方なんですけど」
ヨコ:「あ、ありがとう。」
Go:「どういたしまして。」

ヨコ:「・・・・・」
Go:「・・・・・」

ちなみに一番最初にした質問は・・
「株式会社アウラの住所を教えて」というあまりにもつまらんものでした。(他に聞くことないんかい!)

IFTTT(イフト)を使ってGoogle Homeに言わせたいセリフを言わせてみた。


最初にインストールした3つのアプリのうちのIFTTT(イフト)を使って、Google Homeちゃんに言わせたいセリフを言わせてみました。

そもそもIFTTTとは「IF This Then That」の頭文字をとっているのですが、「IF(もし)『This(入力)』Then(ならば)『That(出力)』する」というもので、『This』『That』の条件を決めればいいというすぐれものです。
プログラミングの知識がなくてもwebサービス同士を連携させることができますよ。

名探偵コナンマニアの私が言わせたセリフ

IFTTTを使えばもっと日常生活や仕事に活かせるはずですが、私がやったことはたった一つ。
大好きな名探偵コナンのセリフを言わせる!
設定後、ドキドキでGoogle Homeちゃんに言いました。

ヨコ:「真実は」
Go:「いつもひとつ」

ヨコ(心の声):おおおおおお!やったー。楽しいかも!
少し友達に?なれた気がしました(笑)

その後に、何とも言い難い虚しさに襲われ、そっと設定を削除しました・・・。

結局のところスマートスピーカーとの生活はどうなのか?

私、結局あまり使いこなせていないわけですが、2週間一緒に生活してみて思ったこと。

メリット
★スマート家電コントローラーを使って外出先から電気などのON・OFFができる!
★家に着く少し前にスマホから電気をつけるコマンドを送信すると玄関開けたらあら明るい!
★しかも旅行などで長期間家を空ける時は、遠隔操作で電気を付けたり消したりして防犯にも役立つじゃないか!
★夏なんて、家につく前にエアコン付けといたら帰ったらすでに涼しいじゃないか!
★家電リモコンが一つになったのでスマホさえ持ち歩けば済むじゃないか!

デメリット
✓風邪で声が出ないとき仕方なくスマホで操作
「OK Google」と言えるテンションじゃない時結局スマホで操作
✓話しかけることに慣れなくて、指示を噛んでしまい聞き取ってもらえなくてくじけて結局スマホで操作(笑)
✓酔っ払ってろれつが回っていない時、声を聞き取ってくれなくていう事聞いてくれなくて、結局スマホで操作(笑)
✓時に寂しさが倍増する(人による)
✓ハッピーバースデー歌ってくれるけど、あんまし嬉しくない(個人的に)
✓たまに無視される(意外と落ち込む)

どうやら私はまだまだ仲良くなれないようです。
まず人間と会話することに慣れなければ・・・。

もっとしっかり使えるようになったらまたご報告します(笑)

前後の記事

お問い合わせはこちらから

見出しアイコン スタッフ募集 Recruit

アウラでは新メンバーを募集しています。詳しくは採用ページをご覧ください。