「ブログを書くコツ」教わってきました!

ブログ

Blog
  1. ホームページ制作・運営はアウラ:ホーム
  2. ブログ
  3. 「ブログを書くコツ」教わってきました!

「ブログを書くコツ」教わってきました!

「ブログを書くコツ」教わってきました!

こんにちは!野口です。

先日、松永社長と共に、「Webコンテンツライター養成講座」へ、3日間みっちり参加して参りました!

講師は、Webマーケットのコンサルティング、そして鉄道ジャーナリストの中島茂夫さんと、ライターとして活躍され著書も多数出版されている月野るなさんです。

IMG_6665

「Webコンテンツ」とは、インターネット上の記事を表し、ホームページ内の文章であったり、ブログ、コラムなど、様々です。
皆さんも、電車の待ち時間にスマホで調べもの・・など、よくされるのではないでしょうか?

アウラのお客様にも、ブログを頑張って続けて下さっている方がたくさんおられます。情報を発信できること、そして更新をする事でサイトの価値が高まるため、ブログは大変おすすめです。

でも皆さまからよく言われるのが、「何を書いたらいいのかわからない」「文章が苦手」「書こうとしても進まない」等、やりたくてもできない!というお声です。
今日は少しですが、ブログを書くコツをお伝えしたいと思います。

伝えたい事のゴールを決めよう!

あなたが伝えたい事は何ですか?それをどんな人に伝えたいですか?

その人は、どんなきっかけで、あなたのブログへ訪れるのでしょう??

きっと何か困っているのかもしれません。何か探しているのかもしれません。
遠い遠いところから、あなたのブログへやってくるのは、何かキーワードがあるはずです。

伝えたい事から派生するキーワードを細かくいくつも書き出してみましょう。
思い浮かばなければ、実際にインターネットで検索をしてみてください。
たくさんの世間のニーズが見えてきます。思いもよらないキーワードも出てきて楽しいですよ!

こうして細分化すると、様々なターゲットに対して記事を書くことができます。
そこから記事のゴールを決めます。
読んだ人にどうして欲しいですか?来店してほしい、よく考えてほしい、ワクワクしてほしい、など具体的にイメージすると書きやすいです。

すると、まずは記事の内容が決まりました!次は記事を書く方法をご紹介します。

見出しを考え、全体の構成を考えよう!

記事のゴールへ向かう途中には、かの有名な「起承転結」が出てきます。
内容や文字数によって、「起承結」「起転結」「起結」でもオッケーです。
大切なのは、伝えたい事がきちんとストーリーになっていて読みやすいこと。

書きだしは「起」となります。読者に語りかけ、これから何を書くのか宣言してください。
そして「承」「転」が記事の内容です。商品の紹介であったり、体験談であったり、共感であったり、ストーリー仕立てになるように考えましょう。
そして「結」でゴールへ導きます。

文章全体のストーリーを考えたら、それぞれの「起承転結」の見出しを考えましょう。このブログでいうと、赤い線が引かれている部分です。

下へ続く文章がどんな事か、想像してもらうことは、Web上では読者にとってとても読みやすいスタイルであると共に、自分が何を書いたらいいのかの道しるべにもなるのです。

見出しに合わせて文章を書いていこう!

見出しが決まったら、作業の7割は終わったようなものです。
あとは文章をひたすら書くだけです!

見出しに沿って書くので、書き出しに困ることもなく、次のストーリへ繋げていくように書けば、文章はおのずと出来上がります。

最後に読み直して出来上がりです!
あぁ簡単!ここの説明の少なさが、書くことがそんなに難しくなかったんだ、という事を物語ってると思ってください(^O^)/

いかがでしたでしょうか?

既にお気づきの方もおられるかと思いますが、今回の私のこのブログは、この手法をもって書かれています。
そのため、ここが、記事のまとめ、及びゴールとなります。

書きたい事と世間のニーズは、もしかしたら異なるのかもしれません。
私もスタッフブログを書く時に、いつも何を書いたらよいのか迷っていました。
もう一度、読者の事を思い、考え直したいと思います。

つたない説明でしたが、皆さまのブログに役立てていただければ幸いです。
そして、それでも「まだまだ書き方が分からない!」「もっと具体的に教えてほしい!」という方は是非弊社へ制作のご依頼をお待ちしております!

記事のゴールをお伝えして、以上でブログを終わります。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

前後の記事

泉政行さんの死を偲んで

こども向け特撮ヒーローが大好きな篠原です。 ブログは他の内容で書こうと思っていたのですが、 日曜日に彼の悲報を聞き、彼のことを書こうと思いました。 泉政行 享年35 早すぎます。 一般的には、新科捜研…

お問い合わせはこちらから

見出しアイコン スタッフ募集 Recruit

アウラでは新メンバーを募集しています。詳しくは採用ページをご覧ください。 WANTEDLYで採用募集しております。詳しくはこちら