Google Analytics スプレッドシートで自動更新して表示させる方法

ブログ

Blog
  1. ホームページ制作・運営はアウラ:ホーム
  2. ブログ
  3. Google Analytics スプレッドシートで自動更新して表示させる方法

Google Analytics スプレッドシートで自動更新して表示させる方法

Google Analytics スプレッドシートで自動更新して表示させる方法

こんにちは。藤本です。

最近Googleスプレッドシートを扱う機会が多いのですが、
Google AnalyticsがGoogleスプレッドシートと連携でき、
レポートを自動更新して表示させることができるということを知ったのでご紹介したいと思います。

スプレッドシートにGoogle Analyticsレポートを表示する手順

① Google Analyticsで使っているGoogleアカウントでスプレッドシートを開きます。

② 「拡張機能」の「アドオン」>「アドオンを取得」をクリック

③ Google Workspace Marketplaceで「Google Analytics」と検索しインストール

④ 「拡張機能」に「Google Analytics」が追加されているのを確認し、「Create new report」をクリック

⑤ 1) Name your report にレポート名を入力

⑥ 2) Select a view にGoogle Analyticsのレポートを出したいアカウント、プロパティ、ビューを選択

⑦ 3) Choose configuration options のMetrics,Dimensionsを選択。(Segmentsは任意)

⑧「Create report」をクリック

⑨「拡張機能」の「Google Analytics」「Run reports」をクリックするとレポートが別タブで自動生成されます。

結構簡単にレポートが表示されました。

Google Analyticsの、Metrics,Dimensionsについては、
Metricsを「sessions」、
Dimensionsを「Date」と選択しました。
「Date」(日付)ごとに「sessions」(アクセス数)を見るレポートのイメージです。

Segmentsは、「Date」(日付)中で更に分割してくれるイメージです。

「Create report」をクリック時に生成されたシートをカスタマイズすることも可能です。
「Start Date」「End Date」でレポート全体期間をカスタマイズできます。

Metrics,Dimensionsもカスタマイズ可能です。
Dimensionsに「ga:yearMonth」を追記し、レポート生成し直すと年月も表示されます。

自動化更新の設定

毎回レポート生成するのは大変なので、自動更新されるように設定することも可能です。

①「拡張機能」の「Google Analytics」「Schedule reports」を選択

②「Enable reports to run automatically.」にチェック

③「every hour」「every day」「every week」「every month」より、希望の時間帯を選択

④「Save」をクリック

自動化更新の設定も、簡単なので使えそうですね。

連携の時代


数多くのサービスが誕生しているので、サービスの連携し業務効率化を目指すのが大事だと思います。
特にGoogleのサービスは、連携して使っていきたいですね。
ちょっとでも不便と感じたサービスは意外と連携できたりで便利に扱えれるようになるかもしれないので、連携できるかなど調べておくのもいいと思いました。

前後の記事

お電話でのお問い合わせはこちら:06-6292-8577。受付時間は平日9:30~18:30 インターネットからは24時間受付中!お問い合わせフォームはこちら