平成最後に…?フォント作りができるらしい!?

ブログ

Blog
  1. ホームページ制作・運営はアウラ:ホーム
  2. ブログ
  3. 平成最後に…?フォント作りができるらしい!?

平成最後に…?フォント作りができるらしい!?

平成最後に…?フォント作りができるらしい!?

こんにちは。デザイナーとディレクターをしております三宅です。

諸事情で、人生初の「まつエク(まつげエクステ)」をしたら、目にホコリが入らなくてとっても快適です。
一日に10回は「目がぁー!目がぁー!」となっておりましたが、それがない嬉しさったら。

空前の平成最後ブーム

さて、世間では「平成最後の」ブームですね。
確かに、あらかじめ分かっているタイミングで元号が変わる、
しかも悲しい理由ではなく、未来に向けての変化。という、現代では初めての一大イベントですね。

しかし、あまりにも「平成最後の」と多用されており、
あまのじゃくな三宅は、少し辟易としつつありました。

そんな時にデザイナー仲間から教えてもらった、これ!
フォントといえば!の、フロップデザインさま企画の
みんなで1文字づつ作って『平成最後のフォント』を作ろうプロジェクト

平成最後のフォントを「作ろう」!?

Web制作にも、印刷にも、看板にも、
なくてはならない、フォント

何気なく使っていますが、
フォントは人の手で作られています。
一文字一文字、書かれているのです。
なので、職業柄、日頃からフォントに(作ってくださった方に)感謝して生きています。

日本語は特に文字種が多く、
作るなんて、雲の上の事だと思っていましたが…
「参加できる…!?」

マジデデスカ…?

さっそく申込ポチー!!

Slackでサポートしてもらえるらしい

私は、Slack(チャットサービス)でのサポートや交流のできる、有料コースで申込みました。

担当は一人1文字。

そう、1人で全部というのは、なかなかできないもの。
でも、たくさんのみんなで作っていけば、できるよね。という企画なのです。

もう発案自体が素敵。

クリエイティブ仕事はいつもチームワーク

クリエイティブは一人ではできないと、日々感じます。
アート(芸術)なら、一人で突き詰めて創作という事も多いと思いますが、
制作の仕事はほとんどがチームワーク。

私個人的には、外を見て刺激を受けて、また自分の中で消化して…というサイクルで成長すると考えています。

移り変わっていく時代だからこそ、そうやって着実に自分をアップデートしていかなければならないのではと思っているのです。

ちなみに、私はつい先ほど担当の割り振りをいただき、

「ル」

担当になりました。
かわいい文字ですよねー。(同意はなくて大丈夫ですよ!ww)

楽しみだなぁー!
これから1か月間ほどは、余暇は「ル」の事を考えて過ごしたいと思います。

おそらく人生でいちばん「ル」を考える期間になる事でしょう。

ぜひ、打ち合わせの時などに、

「ル」どうなった?

って訊いてみてくださいね!(笑)

前後の記事

お問い合わせはこちらから

見出しアイコン スタッフ募集 Recruit

アウラでは新メンバーを募集しています。詳しくは採用ページをご覧ください。