ソースコード不要!ノーコードツールを使ってWEBサイトを作ってみた

ブログ

Blog
  1. ホームページ制作・運営はアウラ:ホーム
  2. ブログ
  3. ソースコード不要!ノーコードツールを使ってWEBサイトを作ってみた

ソースコード不要!ノーコードツールを使ってWEBサイトを作ってみた

ソースコード不要!ノーコードツールを使ってWEBサイトを作ってみた

こんにちは。アウラの藤本です。
WEBプログラマーとして、ほぼ毎日ソースコードを触っていますが、
近年、耳にしていたノーコードツールどんな機能があるんだろうと思い、試してみました。

プログラミングの知識がなくても、WEBサイトやWEBアプリが制作できるというツールの紹介になってますので、
WEBサイトやWEBアプリが制作したいけど、ソースコードを覚えるのが大変と感じている方に参考になれば幸いです。
また、こういったツールがあるということを知っておいて損はないと思います。

ノーコードツール

ノーコードとは、ソースコードを打たずにWebサイトやアプリなどを開発できるサービスです。
具体的にはソースコードをパーツとして可視化して、パーツを置きたい箇所に配置していくことで、開発することができます。
ソースコードの記述が必要ないため、「誰でも簡単にWebサービス開発ができる」として注目を集めています。

ECサイトやモバイルゲームを開発できるノーコードツールもあります。
今回は、Webサイトを開発できる2つノーコードツールをご紹介いたします。

Webflow


Webflowは、プログラミングを不要にして直感的な操作のみでWebサイトが制作できるツールです。
「楽天スーパーロジスティクス」のWebサイトの運営をWordPressからWebflowに切り替えたなど、導入した事例も多くあります。

Webflowの特徴は、デザインの自由度が高いということです。
要素は、HTMLタグで、スタイリングもCSSのほぼ全ての設定を視覚的に使用することができます。
複雑なスタイリングやアニメーションでも、ちょっとした操作で実装することができるということでした。

登録は無料だったので、自分の愛犬を載せたサイトを作ってみました。
サンプル

使ってみた感想としては、パーツをドラッグして配置でき、かなり直感的に操作ができました。
ソースコードを書くよりも早く実装することもできそうだと感じました。
ただ自由度が高い分、少し使い方を覚えていく必要がありそうです。

STUDIO


STUDIOは、ブラウザからコーディング不要でWebサイトを作れる無料のノーコードツールです。
ドラッグ&ドロップでデザインを作成しやすいように、UI/UXにこだわって作られているというのが特徴です。
ですので、デザイナーではなくてもアイデアを誰でもカタチにできるというツールです。
日本語に対応しているので、英語が苦手な人は、かなり使いやすくなっています。

こちらも登録は無料だったので、自分の愛犬を載せたサイトを作ってみました。
サンプル

使ってみた感想としては、シンプルな機能で使いやすかったです。
ある程度は、直感的な操作ですが、ボックスで囲んだり、横並びをしたいときに
HTMLの基本の知識は必要になってくるかなと感じました。
HTMLの基本の知識があれば、とても使いやすいと思います。

プログラミングが必要とされない時代が来る?


ノーコードツールが、どんどん進化しているので、もしかしたらソースコードは不要で直感的に実装していくというのが当たり前の時代も来るのかもしれません。
ただあくまで、ノーコードツールはソースコードをパーツで可視化して直感的に実装できるということなので、プログラミング知識が必要とされないということはないと思います。

想像以上に多様な機能があって感動したので、よければ一度触ってみてはどうでしょう。

前後の記事

お電話でのお問い合わせはこちら:06-6292-8577。受付時間は平日9:30~18:30 インターネットからは24時間受付中!お問い合わせフォームはこちら