3Dソフトの意外な使い方。『ペイント3D』でできること

ブログ

Blog
  1. ホームページ制作・運営はアウラ:ホーム
  2. ブログ
  3. 3Dソフトの意外な使い方。『ペイント3D』でできること

3Dソフトの意外な使い方。『ペイント3D』でできること

3Dソフトの意外な使い方。『ペイント3D』でできること

こんにちは、アウラの三輪です。

Windowsには『ペイント』という簡単なお絵かきソフトが昔から搭載されています。
Windows10には、そんなペイントと似た名前の「ペイント3D」なるアプリが標準搭載されています。

調べてみると、意外な使い方ができると知ったので、今回はそちらをご紹介します。

起動してみる

ペイント3Dは、スタートメニューの『は』行の中にあります。
従来のペイントと同じ感覚でWindowsアクセサリ内を探し回り、全然見つからなくて焦りました(見つけたと思ったら『Print 3D』という別物だったり)

起動して『新規作成』を選択すると、新しいキャンバスが開きます。
画面上のアイコンから、いろんなオブジェクトを作成できます。3D図形は周辺のアイコンをマウスで操作することで、回転や移動が可能です。

ただ、2D図形や2Dテキストは一度配置してしまうと移動や編集はできません。伊達にペイントを名乗ってはいないと、妙に納得しました。

意外な使い方

一見お絵かき機能のみに見えますが、実は、簡単な写真編集なら行えてしまうんです。

開く→ファイルの参照から好きな画像を開きます。
(既にペイント3Dが起動している場合は、画面左上の「メニュー」から辿れます)

開いたら、マジック選択をクリック。

画像の周囲に〇が現れるので、〇をドラッグして操作したい対象(今回は中央のレッサーパンダ)にサイズを合わせます。これは大雑把でOK。

対象がブルーの線で囲まれて、自動的に選択されました。
でも、足りなかったり余分だったりしているので、「追加」と「削除」を使って選択範囲を修正します。

それでも大雑把。性格が良く表れています。
選択範囲が修正できたら「完了」をクリック。

見た目に変化はありませんが、レッサーパンダの周りに3D図形の時と同じようなアイコンが表示されています。

ドラッグしてみると…

レッサーパンダだけ動きました! 背景は自動的に補完されています。
選択が雑過ぎていろいろ残っちゃっていますが、レッサーパンダを取り除くことができました。

切り出した画像は、3D図形と同じ扱いになっているようで、立体的な回転などができます。写真から切り出した画像には奥行きがないので、使い道があるかは不明。

まとめ

3Dソフトを普通の写真画像の簡単な修正に利用できるというのは、私にとっては驚きでした。あくまでも3D画像を作るためのものだと思っていたので。

Photoshopのようなプロ仕様の写真編集ソフトには到底適わないものの、Windows10ユーザーなら誰でも使えるので、ちょっとした編集に役立ってくれそうです。
あまり大きな修正には向きませんが、対象が小さなものなら十分使えるのではないでしょうか。

もちろん、3D描画ソフトとして図形を並べてるだけでも結構楽しいので、興味を持った方はぜひ。

おまけ

今回のブログのアイキャッチは、ペイント3Dで作ってみました。一昔前のゲームの背景みたいですね。
斜め上から見るとこんな感じ。

前後の記事

お電話でのお問い合わせはこちら:06-6292-8577。受付時間は平日9:30~18:30 インターネットからは24時間受付中!お問い合わせフォームはこちら