Twitterで検索する5つの心理とは!?

ブログ

Blog
  1. ホームページ制作・運営はアウラ:ホーム
  2. ブログ
  3. Twitterで検索する5つの心理とは!?

Twitterで検索する5つの心理とは!?

Twitterで検索する5つの心理とは!?

こんにちは!
最近は猛暑に耐えられず、自分を中心に半径3m以内に、常に冷房がかかっているオーラがあればいいなと日々思いながら過ごしています。
FIFAワールドカップ2018はフランスが優勝しましたが、強いチームはボランチがうまいなと改めて感じました。
私は今大会は午前3時~の試合以外はほぼ全てテレビ観戦しましたが、どの試合も面白く各チーム様々な戦術があるなと思いました。

ワールドカップの話を始めると、ワールドカップの記事になってしまうのでこのへんでやめておきましょう

さて本題に入ります!
パソコンでネットを通じて何かをしたことがある人は、誰でも一度は検索をしたことがあると思います。
Google検索、Yahoo検索、Bing検索・・・など検索サイトは溢れていて、「ググる」なんて言葉もあります。
※「ググる」・・・Google → グーグル → ググる つまり調べるという意味です。

しかし最近は検索サイトではなく、SNS(主にTwitterで)検索する人が急上昇中だとか!?
そこで今回はTwitterで検索するとはどういうことなの??というところについて書きます。

1.「知りたい」から検索する

一番の目的はなんと言ってもコレでしょう。

ランチがおいしいお店がどこにあるか知りたい
速く走るための走り方を知りたい
夏バテの予防方法を知りたい

知りたいことに関してはTwitterで検索するよりも検索サイトで検索する方が早いかもしれません。
Twitterでも自分の知りたいことに関係するツイートを見つけられる可能性は十分あります。

これはみんなそうですよね!私もそうです!

2.「安心したい」から検索する

これはSNSの検索であることなのですが、何か悪いことがあると検索して自分と同じような症状があるツイートを見つけると安心するということです。

例えば大手メーカーの新製品に不具合があったとします。
そんなとき私はTwitterで「商品名 不具合」「商品名 メーカー名 不具合」などのキーワードで検索します。
そして「この◯◯◯(商品名)動かないんだけど!」「◯◯◯動かない・・・。」などのツイートを見ると安心します。
自分の商品だけが不具合じゃなかったんだ!と安心します。
運が良ければ解決策が載っているサイトを見つけることもあります。

これは私だけでしょうか・・・。

3.「余韻に浸りたい」から検索する

自分が応援しているスポーツチームが勝利するとTwitterで検索して、他の人の喜びのツイートを見て勝利の余韻に浸ります
「セレッソよく踏ん張った!」「今日のセレッソは守備が安定していた」「柿谷と清武ナイスゴール!」などのツイートを見てニヤニヤします。
またネット記事のリンクもツイートしているのは、リンク先の記事を見てニヤニヤします。

これは私だけではないはず!

4.「リアルな感想を知りたい」から検索する

新しい物を買うときは誰だって失敗したくないはずです。
Amazonや楽天、飲食なら食べログなどにレビューがあります。
私の場合はレビューサイトのレビューも見るのですが、これはあくまで参考程度に考えています。
Twitterで検索すれば有名な商品(商品は有名でなくてもツイートはある)や、有名な飲食店の感想をツイートしている人は必ずいます。
私個人としてはTwitterの方がリアルな感想に近いと思っています。
※あくまで個人的な意見です。

これもやってる人はいるはず!

5.「意見を知りたい」から検索する

ある出来事や事件に対して世間はどういう意見があるのかを知りたいから検索することがあります。
(検索ボックスでキーワード入れてというよりもトレンドのワードをクリックすることが多い。)
そのときに私が意識していることは、批判的な意見を飛ばさずに読むことです。

私は頑固な方なので自分とは違う意見はすべて排除するという考えでした。
しかし、最近は批判的な意見にもヒントがあるかもしれないことや、批判している人の心理を知りたいという考えに変わってきたので、多少我慢してでも否定的なツイートも見るようにしています。

以上
Twitterで検索する5つの心理でした。

みなさんも是非色々検索してみてください!新たな発見があるかもしれません。

前後の記事

フロントエンド、プログラマー募集中!<アウラの熱意の源とは…?!>

こんにちは! アウラでエアー猫を撫でながら、デザイナー&プランナー、ディレクター、ライター?その他諸々を担当しております、ミヤケです。 W杯には目もくれず、日々ツール・ド・フランスを見ております。 昨…

お問い合わせはこちらから

見出しアイコン スタッフ募集 Recruit

アウラでは新メンバーを募集しています。詳しくは採用ページをご覧ください。