インフルエンザや風邪の予防にうがいやマスクは効果なし!?一番大切なのはコレ!少しの工夫で予防率劇的アップ♪

ブログ

Blog
  1. ホームページ制作・運営はアウラ:ホーム
  2. ブログ
  3. インフルエンザや風邪の予防にうがいやマスクは効果なし!?一番大切なのはコレ!少しの工夫で予防率劇的アップ♪

インフルエンザや風邪の予防にうがいやマスクは効果なし!?一番大切なのはコレ!少しの工夫で予防率劇的アップ♪

インフルエンザや風邪の予防にうがいやマスクは効果なし!?一番大切なのはコレ!少しの工夫で予防率劇的アップ♪

すっかり寒くなってきた今日この頃、風邪などひかずお元気でお過ごしでしょうか?

今朝、大阪では今年一番の冷え込みを記録したそうです。

昨夜から天気予報で聞いていたのであらかじめ着込んでベッドに入ったものの、寒くて震えて眠れず、途中で布団を追加するも、それでも寒気が止まらず、なんとなく喉も痛くなってきて、「え、これって風邪!?それかただ寒いだけ??あーーーー寒い!」と悶々としていたら夜が明けてしまいました…。

とってもだるいです…。私、風邪かもしれません…。

cold2

風邪やインフルエンザには、できる限りかかりたくないですよね。
あの特有のしんどさ、、、普段の何気ない健康をありがたく思える機会にはなりますが、やっぱり嫌です。

でも寒くなって空気が乾燥してくると、風邪やインフルエンザの罹患率がグッと上がってきます。

だから、予防!とにかく、予防!

と思い予防について調べて愕然としたのですが、うがいとかマスクって、実は予防に効果がほとんどないとも言われているそうです。。

うっそーーーん。今までうがいとマスクには結構情熱をかけてたのに!

予防には例えば十分な睡眠と栄養のある食事で免疫力を高めておくことも大切ですが、簡単にできて一番効果があるもの、それはズバリ「手洗い」だそうです!

みなさんも帰宅したらきちんと手洗いはされるかとは思いますが、正しい手洗い、つまり予防に効果のある手洗いを実践できている人は少ないと思います。

そこで今回は効果的な手洗い方法をご紹介します!

ちょっとした工夫で、風邪やインフルエンザの予防率を飛躍的にアップすることができるので、是非今日からでも実践してみてください♪

とにかく「手」は汚い!

cold3

手洗いが風邪予防に一番効果がある、と言われるのは、そもそも「手」は想像以上に大量の雑菌がついていて汚いからだそうです(;”∀”)

特に最近私たちは一日のうちかなりの時間をスマホやケータイを触って過ごすことが多いですよね。
そのスマホやケータイは便座の10倍以上も汚いとも言われているので、それを触っている手もそりゃ汚いはずです。。。

それらのばい菌が体内に入って風邪などの感染を引き起こすのですね。
なのでそうなる前に、食事などの前には確実に手を清潔にしておかなければなりません。

十分な手洗いって?

cold4

十分な手洗い、というと、例えば指の間や爪の間を時間をかけてしっかり洗い、きわめつけに最後は除菌スプレーを手にもみ込む!というような認識を持っている方は多いのでは、と思います。

しかしこのやり方、一部改善すべきポイントがあるのです。

それは、「時間をかけてしっかり洗い…」の部分!

大事なのは時間をかけて洗うことではありません。

いくら時間をかけても、実はそれほど除菌に効果がないそうです。

ではどうすれば?それはこれ!

短時間でも、必ず二回!

cold5

そうです。短時間でもいいのです。

「二度洗い」が一番効果があるのです!

「60秒×1回の石けんによる手洗い」よりも、「10秒間×2回の石けんによる手洗い」のほうが、劇的にばい菌の数が減るそうな…!

実験映像でも、確かに長時間の一度洗いと短時間の二度洗いの手を顕微鏡で見た時の菌の数が、「え。。。こんなに!?」というくらい違いました。。

二度洗いの後は菌がほとんどついていませんでしたが、一度洗いの時にはまだ手にはたくさんの菌がいる現状に愕然としました。

今までの人生、何だったのでしょう。
今までの手洗い、何だったのでしょう。

とでも言いたくなる気持ちです。

だって二度洗いなんてしていませんでしたから。
きちんと毎日手洗いをしているつもりでしたが、菌はほとんど落とせてなかったんですね私…。
そりゃ風邪もひきます。インフルエンザにもなりますよ。

でも今日からはできるかぎり無菌の女になります。

二度洗い、時間がかかるわけではなくちょっとした工夫なので、皆さんも是非実践していただき、寒い季節を元気に乗り切ってください♪

前後の記事

お問い合わせはこちらから

見出しアイコン スタッフ募集 Recruit

アウラでは新メンバーを募集しています。詳しくは採用ページをご覧ください。