AIはWeb制作の夢を見るか?

ブログ

Blog
  1. ホームページ制作・運営はアウラ:ホーム
  2. ブログ
  3. AIはWeb制作の夢を見るか?

AIはWeb制作の夢を見るか?

AIはWeb制作の夢を見るか?

こんにちは、アウラでデザイナー&プランナーをしております。三宅です。
わーい!アウラのサイトがリニューアルされましたよ!!
今見ていただいてるこれなのですけども、記事を読んだ後にでも、ぜひぐるぐる回ってみてくださいね!
トップページはこちら
アウラTOPページ

さて、アウラはホームページ制作会社です。(知ってる)
いろんな企業さまのいろんな業種やサービスのホームページを作らせていただいております。
そんな社内は、大きくわけると

  • ディレクター
  • デザイナー
  • コーダー
  • プログラマー

が居ます。
そして、コンテンツを作る、プランナー・ライター・フォトグラファー・イラストレーター…
管理を担う人…などなど、細分化すればするほど様々な役割があります。
アウラは比較的みなさん何でもできる方がそろっており、兼任もしていますが、このところ巷で言われるのが
「AIに仕事を奪われる」

ん。

大好きな仕事を「奪われる」というのは、ちょっと聞き捨てならないですね…
という事で、今回は
今流行りのAI(人工知能)はデザイナーになりたいのかという事を考えてみたいと思います。
なんだかちょっと論点がずれている気がするのはいつもの事です。
またもやツッコミ不在ですが、よろしければお付き合いくださいませ。

AIってめっちゃ流行ってますよね

あまりテレビを見ない私ですが、夜に少しニュース情報番組をつけただけでもAI(人工知能)やロボットの話題を聞かない日はありません。
そんな空前のブームの中、同時に言われるのは「AIやロボットが活躍するとなくなる仕事」。
たしかに産業が発達すると、たとえばタイプライターを打つタイピストがいなくなったり、写真植字もデジタルフォントになり…
(ミヤケは学生時代に写植機をさわった経験があります:何歳だよ)
デザインの歴史ですと、ポスターを描く絵描きさんは、写真機が出来て「仕事がなくなる!」と言っていたとも習いました。

Web制作とAI

ではWeb(ホームページ)制作はどうでしょうか。
現在すでに、「誰でも簡単にホームページが作れる」とうたうサービスもたくさん。
それこそ、AIと対話をしながらホームページができるWebサービスも。
ミヤケも個人的にいくつかのサービスで作ってみた事があります。

今後もっともっと発展して、もしかしたら
「あんな感じのが作りたいなー」
「ワカリマシタ」
「…」
「デキマシタ」
「おおーいいねー」
みたいな事が実現するかもしれません。

そこまでいかなくても、すでに写真の切り抜きやレタッチ、色の再現など、今までものすごく時間をかけて行っていた作業が一瞬でできるようにもなりました。(まだまだ発展途上かとは思いますが)
そうなると、何を以て「作る」というのか…と思ってしまいます。

作るとは何か

お客様のお話を伺うと、その企業さまの想いやポリシーの深さにいつも感動します。
そして、なんとかホームページを見る方に同じ温度のまま伝えるにはどうすればいいか…と悩みます。
また、流れていくWebの世界でパッと見て魅力を感じてもらうべく、キラキラしたものを纏わせるような工夫を…と考えます。
そういう部分が、作るという事なのかなと感じています。

AIはWeb制作をしたいと思うのか

AIがいろんな時間のかかる作業を助けてくれるなら、どんどん仲良くなって助けてほしいと思っています。
ちなみにミヤケ宅には、google assistant(Google Home)とAmazon Alexa(Echo Dot)が居ます。
さらに先週、Clova(LINE:Clova Friends)もやってきました(笑)
よく考えたら、WindowsもiPhoneもあるので、CortanaもSiriも居ますね(笑)

今はどれも「アシスタント」という位置づけですが、これが主体性を持つときはやってくるのでしょうか。
学んだ事を元に、「もっと知りたい」と、「自分はデザイナーになりたい」と、思うのでしょうか?

ちょっとゾッとしてきたので(爆笑)この辺にしておきたいと思います。


仲良くできたらいいな…

さいごに

話が大きくなってしまいましたが、ひとくちにWeb制作と言っても、綺麗なだけではない、温度のあるものが作りたいなぁ…と思うこのごろです。
アウラでご提案させていただいているお客様は、どの企業さまも熱い想いをお持ちのため、その「アッチチ!」をそのままWebに!
我こそは!うちの会社こそ熱いぞ!とお思いの企業さま、ぜひご相談ください。

日本全国対応いたします!!!!

前後の記事

CSSの小技・セレクタ

こんにちは、コーディング・デザイン担当の仁木です。 今回は覚えておくと便利なCSSのTipsを紹介したいと思います。 連続する要素の余白 リストなど同じ要素が連続する時に、最初または最後の要素のみ余白…

お問い合わせはこちらから

見出しアイコン スタッフ募集 Recruit

アウラでは新メンバーを募集しています。詳しくは採用ページをご覧ください。